介護施設の選定方法とは|家族全員で支えてあげよう:アルツハイマー治療について知ること

家族全員で支えてあげよう:アルツハイマー治療について知ること

介護施設の選定方法とは

介護

人気の介護施設とは

介護施設とは、一昔前は特養施設や老健施設、グループホームなどの限られた施設しかありませんでした。それが、現在は小規模特養や住宅型有料老人ホームなど、様々な機能の施設が増えました。利用者の状態や病状に応じて、介護施設も多様化しています。前述のように、介護施設は利用者の状態によって様々な機能が求められます。病状の管理やアットホームな雰囲気、様々な行事、リハビリの実施、長期入所の対応などです。近年は、厚生労働省の方針によって、社会的入院が減少しています。在宅(介護施設含め)への移行が進められており、施設にも大きな期待が求められています。中でも、胃ろうや吸痰、在宅酸素などの医療依存度が高い方に対して、質の高い介護をしているのが、住宅型有料老人ホームです。利用料は高いですが、とても人気のある施設となっています。

施設の選定方法について

住宅型有料老人ホームは、全国的に非常に多くなりました。次々と新規の建設が進み、利用者にとっては選択肢が増えたのと同時に、どのように選ぶと良いか分かりにくくなってきました。まだ、施設の情報開示や、施設毎の特長の比較が進んでない実情から、利用者は施設の選択に困ることがあります。そこで、どのように住宅型有料老人ホームを選定するか、その条件について述べます。まずは、施設の料金です。パンフレットに載っている料金以外に、介護行為毎にオプション料金が発生する施設があります。そのような、不明な料金がないか、入所前に確認が必要です。また、医療体制の充実です。看護師がどのような勤務体制なのかを確認します。365日24時間常駐しているか、またどのような医療行為まで行えるかを確認する必要があります。そうしなければ一定の医療行為が必要になった場合に、退所を求められることがあります。また、ケアマネジャーやデイサービスなど、外部サービスを利用することができるかどうかも重要です。できない施設は、自施設でサービスを抱え込み、利益優先になる可能性があります。このように施設選定は色々な条件をみて、慎重に行う必要があります。