コストダウンと利便性向上|家族全員で支えてあげよう:アルツハイマー治療について知ること

家族全員で支えてあげよう:アルツハイマー治療について知ること

コストダウンと利便性向上

ナース

利用方法と用途を把握

ケアネットメッセンジャーは、介護施設が国保連に行う電子申請を低コストで行う低コストソフトのことです。国保連の専用ソフトと電子証明書の利用は3年間利用可能で、1日分1700円程度の利用料です。しかし、ケアネットメッセンジャーは1日分で計算すると1000円程度のコストに抑えられます。大手介護事業者での導入も進んでいます。1か所で運営する介護事業者より、複数事業所を持つ介護施設の方が、よりケアネットメッセンジャーの便利さを実感できるでしょう。将来的に複数事業所の展開を検討している介護事業者にも注目されています。情報伝送以外にも運営に欠かせない金納があるので、経営管理にも活用できる点も高評価のポイントです。一部の機能はオプション料金であることや、月額利用料の他の参加費もあるので確認したうえで検討しましょう。

そうさな簡単で迅速に

電子証明書は安全性の高さが評価されますが、一度にログインできるのは1アクセスのみです。しかしケアネットメッセンジャーでは、複数ログインが可能なため処理スピード向上に役立ちます。情報の安全性に関しては、銀行と同レベルの情報セキュリティ技術を用いています。また、ケアネットメッセンジャーのサーバーを経由して伝送するので、専門の技術者による24時間365日の監視がある点でも安全性が高いと言えるでしょう。返戻し処理を行うのは複雑で面倒ですが、ケアネットメッセンジャーを導入しオプション機能を付けておけば、スムーズな手続きが可能となります。処理を簡素化しながらスピードアップできるので、ケアネットメッセンジャーによる管理を導入する事業者が増えています。