家族全員で支えてあげよう:アルツハイマー治療について知ること

もっとも一般的な認知症

積み木と杖

時には支援を求める必要も

日本は高齢化社会と呼ばれるようになってから様々な問題が起きるようになっています。認知症患者の増加もそういった高齢化社会ならではの問題の一つです。認知症患者の中でももっとも多く半数以上を占めるとされているのがアルツハイマー型認知症です。アルツハイマー型認知症は症状が進行すると家族などの介護が必要となる病気ですが、その際に注意しなければならないのはアルツハイマー型認知症の介護が長期化するので自分達だけで全てを行おうとしないということです。長期間に渡る介護は家族にとって心身ともに大きな負担となるため、時には施設や支援グループを頼るなどの工夫を行わないと、日常生活に支障をきたすことも多いので無理をしないことが大切です。

早い段階で病院に

もっとも一般的であり認知症患者の半数以上を占めるアルツハイマー型認知症は長い間治療することが出来ない病気とされていましたが、医療技術の進歩によって早い段階で治療を始めることで症状の進行を遅らせることも可能となりつつあります。しかし、あくまでも早期に治療を始めた場合であり現在でも症状が進行してしまった場合には治療が困難となっています。そのため、アルツハイマー型認知症においてもっとも重要なのは早期に適切な治療を行うということになっています。アルツハイマー型認知症は7つのステージに分けることが出来るとされていますが、最初期のステージ1は自覚症状も無いためにこの段階で治療を始めるには定期的な検査を受けておくことが大切です。

コストダウンと利便性向上

ナース

介護事業者の業務には伝送や管理などがあり、煩雑な面も見受けられます。その業務とコストの負担を軽減できるのがケアネットメッセンジャーです。使い方や費用対効果を把握したうえで、利用を検討すると業務のレベルアップにも繋がります。

Read More

介護施設の選定方法とは

介護

介護施設の中で住宅型有料老人ホームは、新規建設が多いとても人気のある種類の施設です。料金は高いですが、利用者の状態によって様々なニーズに応えることができる、とても優れた施設です。その施設を選ぶうえで、施設の料金や医療行為への対応、外部サービスを利用できるかなど、色々な条件を確認する必要があります。

Read More

介護の仕事を楽に

笑顔の二人

かんたん介護ソフトは、介護保険だけでなく保険外の業務にも対応している便利な介護ソフトです。ヘルパーの声を聞いて作られたソフトと言うこともあり、使いやすさは抜群です。シフトや給与計算などにも対応しています。

Read More